Janus〜終わりからの始まり〜

作詞:Eriko Iwasawa

​作曲・編曲:Hiroyuki Kato, Makoto Suzaki

もしも この世界から 君と僕が残されたら
見つめてくれることを 信じていたのに


いま 歩いてきた 孤独で長い旅路が
終わり告げようとしている


ああ 大地が裂ける音が響くよ どこまでも
新しい朝の中には 僕の姿 どこにもいない

時が 戻ればいいと 願っても無駄なことさ
ただ 君の手のぬくもり もう一度感じたかった


あの暗闇から聞こえた 奇跡の音色は
優しく世界を包んだ
 
心が溶けてゆく


差し出す手のひらから伝わる 熱いもの
頬を伝う涙拭い 彼の手を握った


大地で踊る音が響くよ 君の声とともに
新しい土の上には 咲き誇る 鮮やかな笑顔

手をつないで 踊り明かそう
歌いながら ララララ

終わりからの始まり

絵里子

君に恋した僕。

だけどこの恋は一方通行。

でも、もし君と僕だけの世界になったら振り向いてもらえるかもしれない。

 

大地の奥底に人々を閉じ込め、君と2人の世界を築こうとした僕。

しかし勇敢な彼の手により、その願いは儚くも消えた。

押し寄せる敵との戦いの末に、魔法の笛を手にした彼。

それを吹いた瞬間、人々を閉じ込めていた堅い大地が粉々に割れてゆき、

新たな大地に生まれ変わったのだ。

世界が平和を取り戻そうとする中、僕は最期を覚悟した。

 

しかし、僕の命はそこで終わらなかった。

世界を救った心優しい彼が、手を差し伸べてくれたのだ。

「一緒に踊ろう」と。

僕は再び歩き出した。君も待つ、新しい大地へ。


 

RPGのエンディングに流れているイメージで、この作品を作りました。

主人公はボスキャラクターです。

ヒロインに恋をしますが、振り向いてもらえず、、。

そこで考えたボスはヒロインをい、2人だけの世界を築こうとします。

しかし、そこに勇者が登場!あっけなく、その野望は打ち砕かれてしまいます。

 

勇者がボスを倒して一件落着。

よくありそうなゲームの物語設定。

でも、ボスも最初は純粋な気持ちでヒロインを好きになったはずなのに、、。

そう考えたら切ない気持ちになり、ボスにも少し希望を持たせたい。

そんな気持ちから、この物語が生まれました。

🄫2019 つれづれ推進委員会