🄫2019 つれづれ推進委員会

まばたき

umi

まばたき

umi

子供のころ、両親の運転する車から外を覗くと

月がどこまでもついてくるので、それがあまりに不気味で、

晴れた夜が嫌いになった事があります。

そのおかげか、今でも少しだけ夜は嫌いなんです。

やがて、永く使っていた丈夫なカバンはほつれ、

お気に入りのスニーカーには足が入らなくなり、

お小遣いで望遠鏡なんて買うような歳になると、

毎日その小さな窓から大きな月を覗いては、

手の届かない距離にある事を憂いていました。

過ぎる月日と共にゆっくりまばたきを繰り返す月は、

いつも夜の僕たちを見守っていて、日陰の中にいる

誰も知らない僕やあなたを知っているんです。

それはきっと友人達より、両親より。

そんなことを考えてたら少しだけ、夜が好きになれた気がしました。

一人の夜も君と二人、いつまでも一緒にいようね。